中学受験の理科 植物分類についての問題演習と解説【2】

                          

2021/05/30

 

この演習問題は、かならず以下の学習を終えてから取り組んでください。この問題の答えを覚えるだけでは、本番でまったく役にたちません。

植物の覚え方
中学受験の理科 植物の覚え方~脳のしくみを利用して効率よく!

植物分類
中学受験の理科 植物分類いろいろ~ウリ科・イネ科・裸子植物お得です

 

【問題】

植物の特ちょうをもとにして、A~Gにグループ分けしました。

◎ 種子ができる

1 おばなとめばながある

 (1) 子房がある

  花びらは5枚で、ねもとがくっついている → A

(2) 子房がない

  花びらがない → B

 

2 「1つの花」に、おしべとめしべがある

 (1) 子房がある

  ア 花びらがない → C

  イ 花びらは4枚で、1枚づつはずせる → D

  ウ 花びらは5枚

   1) くっついている → E

   2) 1枚づつはずせる → F

(2) 子房がない → G

 

グループA~Gに当てはまる植物の名前を、以下に示した①~⑦の記号で答えましょう。ただし、当てはまる植物がない場合は、「×」と答えてください。

  • ① タンポポ
  • ② モモ
  • ③ トウモロコシ
  • ④ キャベツ
  • ⑤ アズキ
  • ⑥ スイカ
  • ⑦ イチョウ

 

解答と解説

【解答】

A ⑥(スイカ) B ⑦(イチョウ) C ③(トウモロコシ)

D ④(キャベツ) E ①(タンポポ) F ② (モモ)、⑤(アズキ)

G ×

 

【解説】

以下の植物名は、すべて覚えてください。覚え方は記事で解説しました。

 

1 被子植物

(1) 双子葉植物

 ① 離弁花

  • アブラナ科:キャベツ、ダイコン、アブラナ、ナズナ
  • バラ科:サクラ、バラ、モモ、リンゴ、イチゴ
  • マメ科:インゲンマメ、エンドウ、ソラマメ、アズキ、シロツメクサ

 

 ② 合弁花

  • キク科:キク、タンポポ、コスモス、ダリア、ヒメジョオン、ハルジオン
  • ウリ科:ウリ、ヘチマ、キュウリ、カボチャ、スイカ、ユウガオ
  • ツツジ科:ツツジ、サツキ
  • ナス科:ナス、トマト、ピーマン、ジャガイモ
  • ヒルガオ科:アサガオ、ヒルガオ、ヨルガオ、サツマイモ

 

(2) 単子葉植物

  • イネ科:イネ、ムギ、トウモロコシ、ススキ、エノコログサ
  • ユリ科:ユリ、チューリップ
  • アヤメ科:アヤメ、ハナショウブ、カキツバタ

 

2 裸子植物 マツ・スギ・ヒノキ・イチョウ

 

 

グループ分けをした上図の項目ごとに、赤字の順番で解説していきます。

 

【a 種子ができる】
植物のふえ方には、種子によるものと胞子(ほうし)によるものがあり、この問題は、種子でふえる植物の分類です。

胞子(ほうし)でふえる植物としては、次のようなものがあります。

  • シダ類:ワラビ、ゼンマイ、スギナなど
  • コケ類:スギゴケ、ゼニゴケ、ミズゴケなど
  • ソウ類:アオノリ、アサクサノリ、ワカメ、コンブなど
  • 菌類(きんるい):マツタケ、シイタケ、アオカビなど

 

【b おばなとめばながある】
単性花の特ちょうです。7つのなかで単性花は「⑥ スイカ(ウリ科)」と「⑦ イチョウ(裸子植物)」です。

 

【c 子房がある】
⑥・⑦のうち、子房があるのは「⑥ スイカ(ウリ科)」で、「グループA」であることが分かります。ウリ科の花びらは5枚の合弁花で、ねもとがくっついています。

 

【d 子房がない】
被子植物は、胚珠(はいしゅ:受粉して種子になる部分)がめしべの子房に包まれていますが、裸子植物の花には子房がなく、胚珠がむき出しになっています。裸子植物の「⑦ イチョウ」は、「グループB」です。裸子植物は風媒花であり、花びらはありません。

 

【e 1つの花に、おしべとめしべがある】
両性花の特ちょうです。①~⑤を分類していきます。

 

【f 子房がある】
被子植物の両性花を、分類していきます。

 

【g 花びらがない】
花びらがないので、虫媒花ではありません。被子植物で虫媒花でないのは、「イネ科(風ばい花)」。よって、「③ トウモロコシ」は「グループC」です。

 

【h 花びらは4枚で、1枚づつはずせる】
被子植物の離弁花で、花びらの数が4枚ですから例外パターン。アブラナ科の「④ キャベツ」は、「グループD」となります。

 

【i 花びらは5枚】
花びらの数5枚は、基本パターンです。

 

【j くっついている】
被子植物のうち、花びらの数が基本パターンの合弁花は、キク科・ヒルガオ科・ナス科などです。この場合は、キク科の「① タンポポ」が「グループE」となります。

 

【k 1枚づつはずせる】
被子植物のうち、花びらの数が基本パターンの離弁花は、バラ科・マメ科などです。この場合は、「② モモ(バラ科)」と「⑤ アズキ(マメ科)」が「グループF」となります。

 

【l 子房がない】
被子植物の両性花で、子房のない植物はありません。よって、「×」です。

 

 

次の問題演習は、「植物分類3」です。
中学受験の理科 植物分類についての問題演習と解説【3】

 

 

2020年10月エール出版社から、全国の書店で参考書を発売開始! 出版記念キャンペーンとして、教材「理科の核心」を半額で販売させていただきます。詳しくは以下の記事を、ご覧ください。
中学受験 理科 偏差値アップの勉強法

△上のリンクをクリック△

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク