中学受験の理科 電流と電磁石~これだけの習得で基本は完ペキ!

                          

2021/02/12

 

「電流と電気回路」のテーマで「豆電球」「かん電池」「電池の力」「電流」の関係をしっかりと身につけてから、今回のテーマに取り組んでください。
⇒ 中学受験の理科 電流と電気回路~この順番で学ぶと基本は完ペキ!

 

導線を一定方向にまいたものをコイルといい、コイルに電流が流れると電磁石になり、棒磁石のまわりと同じような磁力線がうまれます。

電流の向きと磁力線の向きとの関係を示したのが、上図です。

 

強い磁石ならば、方位磁針は図のような向きとなります。特に注意していただきたいのは、コイルの中にある方位磁針です。

コイルの中では、磁力線が全てN極(図の左)に向かっています。そのため、方位磁針のN極も左に向きます。N極がN極の方を向く事になりますので、混乱しないでください。  

 

 

本番までに与えられた時間の量は同じなのに、なぜ生徒によって結果が違うのか。それは、時間の使いかたが異なるからです。どうせなら近道で確実に効率よく合格に向かって進んでいきましょう! 詳しくは、以下からどうぞ。
中学受験 理科 偏差値アップの勉強法

△上のリンクをクリック△

 

電流の向きと電磁石のN極

 

ここでも右手を使います。絶対に、左手でやらないでください。

4本指の方向と電流の向きを合わせれば、親指の方向が電磁石のN極となります。

 

コイルの巻き方(左巻き、右巻き)は、関係ありません。上図2つのどちらかです。

コイルの問題では、絵の中に電流が流れている方向を、矢印で必ず書きこみましょう。モーターの問題も、電流の向きさえ書きこんでしまえば考え方は同じです。

 

あとは、書きこんだ矢印の向き(電流の向き)と4本指を合わせて、N極(親指方向)がどちらかを確認するだけですよね。

 

次のテーマは、「電流とモーター」です。以下の記事を、ご覧ください。
中学受験の理科 電流とモーター~電磁石の基本を理解すれば簡単!

 

 

2020年10月エール出版社から、全国の書店で参考書を発売開始! 出版記念キャンペーンとして、教材「理科の核心」を半額で販売させていただきます。詳しくは以下の記事を、ご覧ください。
中学受験 理科 偏差値アップの勉強法

△上のリンクをクリック△

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク