中学受験の理科 植物の自家受粉と他家受粉

                          

2021/07/06

 

【自家受粉と他家受粉】
植物が昆虫に受粉をたのむ理由は?

 

花びらを花だと思っている人も多いようですが、花には「がく」「花びら」「おしべ」「めしべ」の4要素があります。

おしべの花粉が、めしべの柱頭につけば受粉。一つの花に「おしべ」も「めしべ」もあるのだから、受粉なんて簡単じゃないかと思いませんか。なぜ、わざわざ昆虫にたのむ必要があるのでしょうか。

 

植物も動物も、生き物はみんな同じ。たとえば人の場合も、ほとんどの場合は異なる家の男女が結婚します。

生き物は本能的に、遺伝子の組み合わせを広げることで、生き残っていこうとするのです。

 

自家受粉は例外で、他家受粉が基本パターンとなります。植物は自分で動けないのですから、だれかに花粉を「他の家(花)」まで運んでもらわなければなりません。

受粉できなければ、絶滅してしまいます。植物が絶滅したら、すべての生き物は絶滅。全生命の生き残りをかけて、植物の出した結論が昆虫だったのです。

 

【注】
鳥(鳥ばい花)、風(風ばい花)、水(水ばい花)を選んだ植物もあります。

 

 

本番までに与えられた時間の量は同じなのに、なぜ生徒によって結果が違うのか。それは、時間の使いかたが異なるからです。どうせなら近道で確実に効率よく合格に向かって進んでいきましょう! 詳しくは、以下からどうぞ。
中学受験 理科 偏差値アップの勉強法

△上のリンクをクリック△

 

【他家受粉】昆虫は、なぜ植物の受粉を手伝うの?

昆虫の好物はミツです。

植物は、その好物を作ることにしました。だれに教わることもなく、昆虫に聞くこともできず、生き残りをかけて作ります。

 

植物がミツを作っても、野原にやってきた昆虫には、どこにミツがあるかわかりません。だから植物は昆虫に「あなたの好物はここにありますよー」と知らせるため、「めじるし」まで作りました。それが花びらです。

必死だと、こんな事までできてしまうのですね。

 

花びらは、なぜ美しいの?

受粉によってできるのは、種子。その基本だけは、以下の記事で確認しておいてくださいね。
中学受験の理科 植物の種子と発芽

 

最後にひとつだけ不思議なことがあります。

昆虫は、人間のようにさまざまな色を見る事はできません。ほとんど白黒の世界に近いです。

 

すると「めじるし」の花びらに、色は必要ないという事になります。少なくとも、受粉のためだけなら、花びらに色は不要です。でも必要のない事を、わざわざするとも思えません。

植物が、花びらを七色に美しくする目的は、何なのでしょうか?

 

どんなに考えても、浮かんでくる答えは1つだけ。植物は、人間に喜んでもらいたいのでは?

道ばたに小さな花を見つけたら、植物に向かって「きれいだね、ありがとう!」と、お礼を言いましょう。

 
 

さいごは、アサガオの受粉実験についての問題演習です。
中学受験の理科 植物(アサガオ)の受粉実験についての問題演習と解説

 
 

2020年10月エール出版社から、全国の書店で参考書を発売開始! 出版記念キャンペーンとして、教材「理科の核心」を半額で販売させていただきます。詳しくは以下の記事を、ご覧ください。
中学受験 理科 偏差値アップの勉強法

△上のリンクをクリック△

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク